苅草学院の最新ニュース

ニュース詳細

新校舎(練成館)完成!!

 苅草学院がこの本木の地にできてから、今年で52年になりました。52年の間「教育は実践である」という理念を掲げてきました。

 苅草理事長の著書『夢に生きる』ではこう語られています。

 『今の教育は真の教育とはかけ離れたはるか遠い雲の上からしか語られていない。現実を直視しないような教育論は、嘘であるとさえ思う。だから私は私なりにこれからも“教育者”ではなく、“教育実践家”になりきって、21世紀を担っていく子どもたちが何を求め、何を望んでいるか、また何を求めたらよいか、彼らと一緒に考え、悩み、行動していくつもりである。』

 この言葉の通り、苅草理事長は今までにも様々なことを具現化してきました。その中には『かりくさ文庫』『筆塚』『青木村野外学習センター』などがあります。さらに今年度は練成館を新しく建て直しました。この新しい練成館にはいたるところに苅草理事長の『教育は実践』という思いが込められています。11月から「理科実験教室」や「パソコンルーム」、「自習室」が使用できるようなります。新しくなった練成館を少しですが紹介させていただきますので、ぜひご覧ください。

理科実験教室

 新聞やテレビなどで既に報道されているように、「理科離れ」が子どもたちの間で進む一方で、学校の授業数は増え、それに伴い学習する内容も大幅に増加し、子どもたちの勉強の負担は以前と比べてどんどん増えてきています。そんな状況の中でも小学生、中学生の子どもたちに「理科っておもしろい!」と感じてもらいたいという苅草理事長の想いから、苅草学院本部校では昨年度から土曜日に無料で理科実験教室を開催してきました。

 新しく完成した練成館には、理科実験教室が設置されています。今までと決定的に違う点として、「火の使用」があります。ガスバーナーで今までできなかった実験も今後は予定しています。是非、今後の理科実験教室にご期待ください。

パソコンルーム

 速読講座は、目を素早く動かし、速くなおかつ正確に文章を読み取ることを目的とした講座です。また、眼筋を鍛えることにより、脳の活性化も期待できます。授業はパソコンでのトレーニングの他に紙の教材も使用して進めますので、普段の読書や勉強にも活かすことができます。現在では小学校3年生から中学校2年生までの生徒が受講しており、なかには1分間の読書速度が1万字を超える生徒もいます。一人一人が自分で目標を決め、それに向かい日々真剣にトレーニングを重ねています。

 速読で使用するパソコン専用の教室は、明るく清潔な空間です。スペースにゆとりも生まれ、隣でトレーニングする生徒の様子も気になりません。集中してトレーニングに励んでいただくことができます。新しいパソコンルームは生徒たちにも好評で、より一層積極的な取り組みにつながっています。

自習室

 苅草学院・HOPE21では普段授業がない日でも自習室として空いている教室を開放しています。学校テスト前や普段の授業の予習・復習、各検定の勉強などで多くの生徒たちが利用しています。「子どもたちが自ら学び、自立できる生徒になって欲しい。」という苅草理事長の想いから、土曜日は自立学習教室として教師が生徒のつまずいた所などをフォローできるよう全面開放しています。より落ち着いた環境で自習に励んで欲しいという想いもあり、練成館では今までのクラス教室を自習室として開放することだけではなく、個々にブースを設け、より集中できる環境での自習室を作りました。「苦手な算数が得意になった。」、「漢字ができるようになった。」などどんなことでもかまわないので生徒たちが自ら学んだことで達成感を味わってもらえたらと考えています。生徒一人ひとりが自ら学ぶ姿勢を身につけることが出来るよう我々も全力で支えていきますので是非利用していただけたらと思います。